苫米地英人博士による陰謀論のからくりと経済支配を超越する理論「洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実」

洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実

苫米地英人博士による陰謀論のからくりと経済支配を超越する理論「洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実」

バーチャルDr.苫米地ワークスシリーズ

「最終目標である世界政府に到達するためには、
大規模の独占、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう」

ロスチャイルド世界革命行動計画

「我々が一度でも通貨の発行を任せてしまったなら銀行・企業は強大になり
人々の住む家までも奪い尽くすようになるだろう」

トーマス・ジェファソン大統領

「(FRB法案可決は)米国史上最悪の政府による犯罪だ」
リンドバーグ議員

「騙されてFRB法案に署名した。私はうっかりしてこの国を滅亡させてしまった」
ウッドロー・ウィルソン大統領

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い」

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

エイブラハム・リンカーン大統領 大統領権限による法定紙幣を発行 1865年 暗殺

真実はいつも隠されてきた。
大衆は洗脳され、奴隷のような生涯を送った。

その洗脳支配の歴史は今も続いている。
事実は隠蔽され、大衆は搾取され続けている。
しかし、一部の人々は気づきかけている。

あなたは、真実を知りたいと思う。
この漠然とした違和感、底知れぬ不安感は何なのだろうと。

あなたはニュースを見るだろう。
ゲームのような戦争、映画のようなテロリズム・・・
しかし、そこに本当の真実はあるのだろうか。

あなたは新聞を読むだろう。
知識人といわれる人間たちが書く多くの分析・・・
しかし、そこにあなたの知りたい事実はあるのだろうか。

あなたは気づきかけている。
そこには加工された情報しかないことを。
そしてその加工された情報こそが、洗脳支配のための手段であったことを。


あなたは、真実を知りたいと思う。


あなたは書籍を探すだろう。
インターネットの情報を検索するだろう。

そこにはあらゆる情報が開示されている。
あなたは漠然とした恐怖を解消するために
それらの情報を貪るようにインプットするだろう。

しかし、あなたは間もなく気づく。
情報のカオスによって、以前よりもより混乱し不安になっている自分に。

これは妄想なのか。
憶測なのか。
根拠のない噂なのか。
それとも、私の知りたい真実なのか・・・

あなたはカオスの中から、本当の真実を探り当てなければならない。

2次情報、3次情報ではなく妄想や空想でもない、本当の真実の姿を。

しかし、それは極めて困難だろう。

こんなに混乱するなら何も知らなければよかったと、
再びあなたは洗脳支配の渦の中にみ込まれてしまうかもしれない・・・

支配者の意図した通りに・・・


次のページ
TOPへ